小学校受験では本番だけでなく、入試説明会や体験授業、授業見学会などのイベント時の服装にも気を付ける必要があります。普段着ではなくややフォーマルな服装で参加したほうが、周りから浮かずに済みます。女の子はワンピース、男の子は制服風の短パンにジャケットなどでいくと無難です。上履きが持参の場合は普通のスリッパなどではなく、白一色のルームシューズなどのほうが清潔感もありおすすめです。また小学校受験は2日わけて実施されるところがほとんどで、フォーマルなものを2着用意する必要があります。ペーパー試験や運動・行動観察の日と面接の日が分けて行われるので、それぞれ適した服装を着用するようにしてください。また髪形も女の子は結ぶなどしまとめて、男の子は寝癖などがないようにスプレーなどでセットしましょう。

受験本番の2着のフォーマル着の内容

ペーパー試験、運動・行動観察の日には前転や縄跳びなどの運動を行うので、動きやすい服装で尚且つフォーマルな服装で臨みましょう。女の子はワンピースは広がらないようなフレアーが少ないものが適しており、下に短めのスパッツなどを着用するようにします。靴下は女の子も男の子も白い靴下が清潔感があって印象が良いです。
面接の日には男の子は、かっちりしたスーツを着用するようにしましょう。ズボンが下がらないようにサスペンダーを利用し、シャツも着用しましょう。ネクタイも付けた方が、よりフォーマルな印象になります。靴下は白で靴は革や合成皮革のローファーを履くようにして、着用前には磨いてきれいな状態にしておきましょう。女の子も黒のエナメルパンプスが正装になるので、きれいな状態で履くようにしましょう。

付き添いの保護者の服装の注意点

小学校受験では保護者の服装にも気を付けた方が印象が良くなるので、フォーマルな服装で臨みましょう。父親の場合はスーツで参加するようにし、ネクタイもきっちりしめましょう。スーツのメンテナンスもしっかり行い汚れやほこりが付いていない状態で、靴も革靴でしっかり磨いてから着用するようにしましょう。
母親はワンピースにボロレやツーピースのスーツなどが無難で、あまりにビシッとしたビジネス用のものでなく少し柔らかな感じのものを選びましょう。色は濃紺が清潔感やきっちりした印象があるのでおすすめです。シワがあるとだらしない印象になってしまうので、素材はシワになりにくく、ヨレが出来にいウールなどがおすすめです。あと大切なのは両親そろって参加する場合は、二人の服のバランスも重要になってきます。家族の雰囲気なども重要になってくるので、一体感が出るようにしたほうが良いです。

幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 年中児・年長児・1才児・1才児など、年齢に合わせて最適な教育が用意されています。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 小学校受験のことなら伸芽会へおかませください